様々なアンチリジング

公開日: : 美容

http://hklesson.blog66.fc2.com/blog-entry-1426.html

昨日のBSプレミアム、関口宏のそもそもという番組での特集は”アンチエイジングの秘密”でした。

21時からということもあり、リアルタイムで見れなかったので録画して帰宅してから半分見ました。

リアルタイムでご覧になった読者様からリアルタイムでブログへ「今見てマス!」とのコメントをいただきましてありがとうございます\(^o^)/

さて。

アンチエイジングとは、そもそもなんだ?ってことが大前提としてあるのだけど、大体は

・年をとっていても若く見えること
・老化に対抗するような処置(医療とか)を行うこと

みたいなイメージだと思うんだけど、ゲスト出演していた東海大学医学部付属東京病院の先生で、日本抗加齢医学会専門医の西崎先生によると、アンチエイジングとは、

”心身ともに健やかで豊かに老いる”ために様々な医学的サポートにより身体年齢を実年齢よりも若く保つこと

なのだそう。

なーるほどね。

アンチエイジングというと、真っ先に思いつくのが”いつまでも若く美しくありたい"っていう美容目的なんだけど、れっきとした医学の分野で抗加齢医学として成立しているってこと。
つまりアンチエイジングとは「究極の予防医学」なんだって。

老化現象によって起こるとされている様々なカラダの変化や不調は全身に起こりうるわけです。

例えば・・・

・脳➜痴呆症
・細胞➜ガンなど様々な内臓疾患
・皮膚➜シワとかたるみ
・目➜視力低下
・耳➜難聴になる
・筋肉➜筋力低下➜転びやすくなる
・骨➜骨粗鬆症

などなど、年齢を重ねると当たり前のように起こる現象だけど、これらの症状さえ出なければ、もっと老後を楽しく健やかに過ごすことができるっていうのもその通りだと。

そうなる前に、老化によって引き起こされる様々なカラダの不調をアンチエイジング医療で予防しましょう、というのが医学界でのアンチエイジング論。

別に美容目的でのアンチエイジングだとしても、心身ともに健やかに過ごせればよいではないか、と思う。

美容目的ではどうしても外見だけにとらわれがちで、シワを改善するために、とりあえず凹みを膨らませてしまおう的なヒアルロン酸注入とか、シワを出さないために筋肉を動かさないようにしちゃうボトックス注射とかは、アンチイジングなんだけど、アンチエイジング医療ではない、中間地点にあるのかな。
見た目だけでなく、カラダの中からアンチエイジングしないと本物のアンチエイジングではないのかもね。

さて。

肝心の番組内容ですが、いくつかのアンチエイジング方法を紹介していました。

一つ目は、

徹底的に紫外線を避ける方法

確かに、紫外線は浴び過ぎると細胞をがん細胞化させたり、細胞自体を死滅させたりしてしまうやっかいなものなのだけど、番組で紹介されていた方は、日中でも遮光カーテンをピシッと締めて薄暗い部屋で生活し、外出時には紫外線を完全防備。
ちなみに、外出する時はヘリオケアの飲む日焼け止め飲んでました。

すごくきれいな女性だったけど、あんなに目深に帽子をかぶり、時には覆面風のマスク姿で外出、となると、そこまでして紫外線を避けて、せっかくシワやシミのない真っ白な綺麗なお肌を作り上げたとしても、誰にも見せられないし、自慢も出来ないじゃんって思うのは私だけ?
部屋だって薄暗いし。。。

せっかくの綺麗な姿をすっぽり覆い隠すってのはなんだかもったいない。

紫外線は避けた方がいいことは間違いないんだけど、極端に紫外線を避けるとまた別の問題がでてくるかもしれないし、何事もほどほどに・・・

そして、二つ目。

”細胞補充療法”

つまりこれがRDクリニックで私が行っている培養ヒフ治療のこと。
RDクリニックも北條先生も出てましたね。

そして、皆さん気が付きましたでしょうか。
番組で3年前から細胞を保管してあるという、今回インタビューを受けていた女性。

目尻付近に北條先生が細胞を注射でツンツンとリズムよく注入していたのだけど、私も実際に注入シーンを見るのは初めてでちょっと新鮮。
あんなに軽い感じで注射してるんだな~と。
その割には麻酔をしていても結構痛みを感じる個所もあるのに、あんなに軽くチョンチョンと針をさしているだけなんて。
もちろん、塗る麻酔してるから全く何も感じない個所のほうが多いけどね。

そんなわけで、注目ポイントはそこではなく、施術中の女性のアイメイクがばっちりだったこと。

あれって撮影用にばっちりメイクをしていたわけではないのだよ。
って知らないけど。

注射個所が目尻だから、お化粧落とさなくてもよいのです。

私の時もアイメイクは別にとらなくてもよいですよ~ってことだったのです。
ただ、私の場合はまぶたも注入したので、塗る麻酔をまぶたに塗ったりするときにアイシャドウなどは落ちてしまうけども。
RDクリニックとしては、別にメイク落とさなくてオッケーってなことでした。

アンチエイジングとは関係ないけど、ちょっとした情報でした。

細胞補充療法に関しては、スタジオゲストのデーモン小暮閣下も興味深々で前向きな感じ。
でも別に、閣下は年を取らないので必要ないそうだ。仮の姿である人間は古くなったら新しいものに取り換えるんだとか。

ひとつだけ、気になることがありました。

東海大学のアンチエイジング専門の西崎先生の説明では、培養ヒフ治療はヒアルロン酸注入とかボトックスなどと違い、治療の効果が長く持続することが特徴で、1年~数年の効果が持続するけれど、その数年後の効果が無くなった時には培養した細胞以外は普通に年を取っているわけなのでその分シワやたるみの現れ方も大きいみたいな、そんな内容のことを言っていたけど、ちょっと疑問。

私の認識では、そうじゃないんじゃないかと思うわけです。


RDクリニックで行っている培養ヒフ治療っていうのは、皮膚を採取した時の年齢の細胞を使うわけだよね?

私の場合なら、初めて培養ヒフ治療を行ったのが2012年だから、今から3年前の細胞を培養してまぶたとかに注入しているわけでしょ。

培養した細胞の寿命は、普通に考えたらまだあと30年くらいは頑張ってほしいよね?

もちろん、紫外線とかストレス、活性酸素などの生活習慣で細胞にダメージを与えれば与えるほど細胞の寿命は短くなってしまうけれど、細胞に良い生活を心がけていれば細胞は天寿を全うしてちゃんと役割を果たしてくれるわけですよ。

なぜシワや弛みができるのか、というと、細胞が老化して細胞の本来の機能が低下してしまったり、年齢を重ねるとともに死滅してしまう細胞がいることで、細胞の絶対数が減り、細胞の仕事量が減るからなんだよね?

だから、培養ヒフ治療では、そもそもの細胞の数を培養して増やし、増やした細胞を減ってしまった個所に注入して細胞の仕事量を増やすことでシワや弛みを改善させるもので、効果が数年で消えてしまうとしたら、それは培養して注入した細胞が全部死滅してしまったり働く機能が衰えたりすることではなく、もともとの細胞が普通に年を取って働ける能力が低下し続けていくからなんじゃないの?

培養した細胞の寿命が1~数年だから、その期間が経過すると一気にシワやたるみが目立ちます、なんてことは無いと思っているんだけども、違うのかな?

培養した細胞は、細胞を摂取した時点での年齢でだいたいわかるものでしょ?

後は培養して肌に注入してもすぐに死んでしまうものもいれば、死ぬまで元気に働き続ける者もいたり、途中でなまけるものもいる。

注入後の細胞がどのように機能しているかは、別に培養した細胞に色を付けて区別しているわけではないのでRDクリニックの先生だってわからないわけだよね?

シワが改善されたり、たるみが改善されたり、効果が持続している期間が長かったりすることで、「あ、ちゃんと細胞が機能しているな」ってわかるんだと思う。

それは人それぞれだし、自分の細胞を使うわけだから持って生まれた細胞の能力だってあるし、生活習慣も関係するはず。

細胞補充療法に関してはこの点だけがなんだか疑問に残る。

今度RDクリニックに検診に行った時に聞いてみることにしよう。




と、まだまだ”そもそも”の番組は続きますが、本日はこれにて。





関連記事

no image

セルフダーマローラー3回目

年末に1回。1月20日頃に2回目。そして今回、3週間後に3回目のセルフでダーマローラーをやること

記事を読む

no image

ルイボスティーで歯が黄ばむ

アンチエイジングのために飲み始めたルイボスティー。そろそろ3ヵ月になります。飲む頻度としてはほぼ

記事を読む

no image

2/15(月)17:00〜キャンセルが出ました!

2/15(月)17:00~の枠にキャンセルが出ました。ご予約フォームからお気軽にお問い合わせくだ

記事を読む

no image

なぜれんげ化粧水から北原化粧品へ変えたのか。

長年愛用し、このブログでも絶賛し続けていたれんげ化粧水。他の化粧品へと浮気することなく、一生使い

記事を読む

ラインテープでブロックネイル

久々にネイルの写真を撮りました。最近はあまりいろいろなデザインにチャンレジすることもなく、というか、

記事を読む

no image

8月6日(木)9時~キャンセルがでました!

8月6日(木)9時~の枠にキャンセルが出ました!HPやメールやお電話にて、お気軽にお問い合わせく

記事を読む

no image

料金について

こんばんは。はりきゅう院朱珠庵のゆうかです。当院のシステムが分かりづらく、ご迷惑をおかけしてしま

記事を読む

no image

やっぱりグリシルグリシンは毛穴に効く

資生堂が発見して、特許をとっているというすり鉢状に開いた毛穴に効果的だというグリシルグリシン。すり鉢

記事を読む

no image

北原式とトレチノインとの併用 超音波美顔器を利用する

昨日の続き、北原化粧品とトレチノインとハイドロキノンをどのように併用するか、の続きです。まだ実践

記事を読む

no image

カソーダ(ひまし油+重曹)でのシミ取り

おでこのシワの改善は顔筋トレーニングで可能かどうか、について尻切れトンボになってしまっております

記事を読む

全顔に4ccを移植すると何歳頃の細胞の数になる?

先日、RDクリニックへ半年ぶりの検診に行ってきました。治療も北條先生に

no image
2017年5月初旬院長指名可能ご予約枠

5月初旬の院長指名可能枠です。ご予約の際は備考欄に必ず院長指名の旨

no image
オルリファストを毎日1錠飲み続けて2週間。マイナス1.5キロ。続けることに意味がある。

先週、オルリファストを毎日1錠飲み続けた結果、1キロ太ったと報告しまし

no image
コレだけはやっといた方がいい!生きるためのオススメ情報

みなさん、こんばんは。はりきゅう院朱珠庵の東です。この度母の件で、

お食事いろは

みなさん、こんにちは。はりきゅう院朱珠庵の東です。八重桜が満開です

→もっと見る

PAGE TOP ↑