なぜつわりが起こるのか

公開日: : 美容

http://ameblo.jp/suzuan89/entry-12098193996.html

みなさん、こんばんは。
はりきゅう院朱珠庵のゆうかです。


当院の患者さんは半分以上妊婦さんです。
なので、患者さんとつわりについて熱く語り合う機会も多く。

その中で最も多く議題に上がるのが

『なぜつわりが起こるのか?』

です。

これはですね、、、
正直、原因不明です。

こうではないか?というものは幾つかあります。

・ホルモンの急激な変化に体がついていけない
・自律神経のバランスが変化する
・赤ちゃんを異物と見なし、輩出しようとする

などなどです。
しかし、医学的なメカニズムはまだ解明されていません。



で、私の考えはというと、、、



妊娠初期は不安定な時期なので、流産のリスクがあります。
この時期にお母さんが無理をしてしまうと、そのリスクが更に上がります。
なので、お母さんがゆっくりとお休みできるように、体がつわりの反応をしている

というのが真の理由だと思います。



お母さんたちを見ていると、つわりが出やすい方はなんとなくの傾向があります。

⭐気が利くタイプで、頑張りやさん。
⭐放っておくと、お家の細々とした家事をしてしまう。

こういう方がつわりがひどい方に多いような気がします。


逆に

★超マイペース
★いろいろ忘れっぽい
★いろいろ完璧にやらなくても気にならない

こういうタイプの方は比較的つわりが軽いような気がします。


前者は、放っておくとすぐに無理をしてしまうので、自然と体が無理しないようにさせているのでしょう。

(※あくまで傾向です!)






だいたい12週ほどでつわりは終わるとは言われていますが、出産ぎりぎりもしくは産後までつわりの症状がある方もいます。
第一子でつわりがなくても、第二子でひどいつわりになったり、逆になったり。
実母と同じつわりの感じになったり、ならなかったり。

様々です。

しかしながら、やはり男性には分かってもらえないです。
つわりを経験しなかった年長者やご主人から、心ない言葉をかけられることもしばしば。
しかも、体も辛いしホルモンのバランスも変化しているので、受けるダメージは通常の数倍。

しんどいですね。




いつか、お母さんたちに優しい世の中になればいいのにな、と思います。




博多ナイトウォークの竹のオブジェ。
きれいでした。

関連記事

no image

アンチエイジングへの道

花粉の飛散がひどくなってきたので、久々に生甘酒作りました。甘酒ではなく、生甘酒。何が”生”なのか

記事を読む

no image

9月7日14:30~キャンセル出ました!

9月7日(水)14:30~の枠にキャンセルが出ました!お気軽にご連絡くださいませ♪

記事を読む

なぜ肌に透明感がでたのか?スキンケア編

昨日も今日も暖かいので桜が満開になりましたね。桜もいいけど花粉も来てマス。今年の花粉症の症状はく

記事を読む

頬をつねった様な自然な血色のチークが登場!

5月20日に数量限定で発売された北原化粧品のホホ紅。つ、ついに・・・・待ってたんだよ、この色。い

記事を読む

そんなに効くのかビタミンC

開いた毛穴対策として、ビタミンCのサプリメントを飲もうかな・・・と思い、どのビタミンCがいいか情報を

記事を読む

おすすめの冷え予防靴下♪

みなさん、こんばんは。はりきゅう院朱珠庵のゆうかです。今日は雨~な1日でした。数日前からPM2.

記事を読む

手作りカソーダへの道 脚の傷跡にスクラッチして実験3日目

手作りカソーダ(ヒマシ油&重曹)でシミを取ってみようシリーズ3日目。【カソーダチャレンジ中】①ふ

記事を読む

帰宅すると

みなさん、こんばんは。はりきゅう院朱珠庵のゆうかです。帰宅すると母の布団でだいちゃんが寝ていてこ

記事を読む

no image

ケノンとトリア どっちがお得?

家庭用脱毛器を買うならトリアとケノンどっちがいいのかまだ検討してます第3弾!今度はお値段で比較。

記事を読む

北原化粧品がリニューアル

ちょっと古い情報ですが、6月25日に北原化粧品が成分はそのままで調合の仕方とかパッケージなどを一新し

記事を読む

no image
全顔治療

こんにちは。美女道子です。本日は、肌再生医療の全顔治療についてご質問を

【肌再生医療】半年後のおでこの丸み

2016年10月にRDクリニックにて全顔治療を受けてから半年が経過。お

熊本に行ってきました!

こんにちは、井手ですやっと雨が降りましたね!恵の雨でおさまりますよ

断捨離なう

みなさん、こんばんは。はりきゅう院朱珠庵の東です。なかなか雨が降り

2016年の治療 おでこのシワ6ヶ月後

気がつけばもう6月。2016年の10月末の肌再生医療による全顔治療から

→もっと見る

PAGE TOP ↑